人気の一戸建て

シックなリビングルーム

一戸建て住宅には、建売住宅と注文住宅とほかに建築条件付き土地があります。建売住宅は土地付き住宅の販売で、大量建築でコストは低く抑えられています。出来上がった住宅を選ぶのですからわかりやすい反面、間取りやデザインなどが決められていて買主の好みやこだわりが反映できにくいところがあります。注文住宅は買主が最初から建築の話し合いに参加できます。それで家の外観や設備等幅広い部分で要望ができ満足のいく住宅に仕上げることができます。その一方でコストはかさみ、イメージ通りに仕上げるのに労力が要ります。建築条件付き土地は売買契約締結後一定期間内に売り主が指定したハウスメーカーで住宅の着工が行えることを条件に売り出される土地です。もとは買主の意向を反映するべきなのですが最近は建築業者の思うままになっています。

一戸建て住宅の建売住宅は建物が完成してから販売するものでしたが、今は建築中や着工前の段階で販売をすることが多くなっています。着工前であればプラン変更の要望ができ注文住宅のような使い勝手の良い家になります。自分の望む一戸建て住宅が安く手に入るとなっては人気も出てきます。しかし一戸建て住宅なら当然ついているはずの網戸、雨戸、そしてトイレの換気扇等オプションで付けたりしなければならずトラブルの原因にもなったりします。この場合は買主が前もってしっかりと確認する必要があります。一歩では、注文住宅にもローコスト住宅が登場しました。買主側にとっては自分のライフスタイルに合わせて色々と選べる可能性が出てきました。